ロレックスの歴史 カルティエ・ブルガリの腕時計&財布

楽天高級腕時計人気ランキング☆その他、カルティエ・ロレックス・オメガ・ブルガリ・フランクミュラーの腕時計、財布、バッグ、コインケース等ご紹介します。

ホーム > スポンサー広告 > ロレックスの歴史ホーム > カルティエ・ブルガリ情報 > ロレックスの歴史

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ロレックスの歴史

ロレックスの歴史

ロレックス(Rolex )は、イギリスで創業されスイスに移転した時計メーカー、また同社製品のブランドである。

時計商社としてイギリスで創業したが時計関税が高額だったため以後漸次スイスに拠点を移し、その過程でメーカー化した。懐中時計が主流であった当時腕時計の利便性に着目し[1]、オイスターが開発しそれまでの腕時計と比較して防水性が格段に高い「オイスターケース」を実用化、自動巻き機構「パーペチュアル機構」や日付が午前零時頃一瞬で切り替わる「デイトジャスト機構」を発明、腕時計で初めてクロノメーターの認定を受けるなど実用的な機械式腕時計メーカーとして不動の地位を築き、今日に至っている。

マニュファクチュールであり、なおかつその大部分でクロノメーター認定を受けている[2]。クロノグラフムーブメントに関しても2000年から自社生産に切り替えられた。

高級時計ブランドとして世界中で知名度を有しており、コピー商品・再生品(いわゆる偽ブランド品)が多いことでも知られる。これらの偽物・再生品は保証書がないものが多く、現在日本国内では正規代理店での保守・修理を受けられない。偽物の多さから偽ロレックスの収集家も存在するほどである。

高級時計としての知名度とイメージ、金無垢やコンビさらにはダイヤモンドなどの宝飾を使用することで高級感を出す手法を多用することなどから、日本国内では成金的なイメージを指摘する意見もある。また、その価値やブランドが世界各国で通用することから、いざという時の換金用として外国渡航の多い人間に重宝がられているという意見もある。[誰?]

普及モデルとしてチュードル(Tudor )というブランドが存在する。元々は元本国イギリスでの販売拡大を狙って発売されたもので、名前はイギリス王家の一つチューダー家にちなむ。トレードマークもチューダー家と同じ薔薇であり、初期のモデルは文字盤に薔薇が描かれている。一時期日本でも販売されたが、現在は正規代理店の取り扱いはない。エタのムーブメントを使用し、ケースのみロレックスのものを使用している。

ロレックス自身が何も明らかにしていないのでよく分からない部分が多々ある。特に商社であったウィルスドルフ&デイビス(Wilsdorf&Davis )がどのようにしてオイスター、ジャン・エグラー、グリュエン等の会社と関係しまたは傘下にしつつ現在のロレックスになって行ったのかはほとんど分かっていない。一般に知られるのは以下の通りである。

* 1878年 - ジャン・エグラーがビールに時計製造会社を設立。
* 1881年3月22日 - 創業者ハンス・ウィルスドルフ(Hans Wilsdorf )がドイツのデュッセルドルフ州クルムバッハに誕生。青年時代はクルムバッハの広場で祖父の開いた花屋を経営していた。
* 1900年 - ハンス・ウィルスドルフがスイスのラ・ショー=ド=フォンにあるクリオ・コンテンに入社、イギリスへ時計を輸出する仕事に就く。
* 1903年 - ハンス・ウィルスドルフがイギリスのロンドンに移る[3]。
* 1905年 - ロンドンのハットンガーデン86番地に義兄弟デイビスとともにウィルスドルフ&デイビスを設立、当初は時計商社でありジャン・エグラーの機械を輸入して時計を製造販売した。
* 1907年 - スイスのラ・ショー=ド=フォン、レオポルド通りロバート9番地に事務所を開設。
* 1908年7月2日 - どこの言葉で読んでも同じ発音になるように考えられた造語「ロレックス」をラ・ショー=ド=フォンで商標登録。
* 1910年3月22日 - 腕時計として世界で初めてスイス時計製造協会のクロノメーター認定に合格。
* 1912年 - イギリス植民地への輸出業務をビールに移転。ジャン・エグラーが"Rolex Watch Co Aegler S.A."に改名する。
* 1914年 - 本社をスイスのビールに移転。
* 1920年1月27日 - スイスのジュネーブ、マルシェ通り18番地にMontres Rolex S.A.設立。
* 1926年 - 王冠のトレードマークを使い始める。
o 10月28日 - オイスターケースの特許を申請。
* 1927年 - この年からダイアル、ケース、ムーブメントの全てにロレックスの銘が入る。メルセデス・グライツが遠泳でドーバー海峡を横断、その際ロレックスオイスターを使用し世界の注目を集める。
o 9月21日 - 捻じ込み式竜頭の特許を取得。
* 1933年 - パーペチュアル機構の特許を取得。
* 1945年 - デイトジャスト機構の特許を取得。デイトジャストとデイトを発売。
* 1953年 - エクスプローラー(I)発売。サブマリーナー発売。
* 1954年 - GMTマスター発売。
* 1960年 - ハンス・ウィルスドルフ死去。
* 1961年 - コスモグラフ・デイトナ発売。
* 1971年 - シードウェラー発売。エクスプローラーII発売。
* 1972年 - オイスタークォーツ発売。
* 1983年 - GMTマスターII発売。
* 1992年 - ヨットマスター発売。
* 2008年 - ディープシー発売。
* 2009年 - デイトジャストII発売。

ロレックスは営利企業ではあるが、「ハンス・ウィルスドルフ基金」という、日本で言うところの財団法人組織であって実態を公にする義務がなく、社内資料をほとんど公にはしていない。そのため、その人気と相俟って世間には多くのデマが流布している。以下はその一例。

* 「創業者はルース・ハイドフェルド」 - 英語サイトでは例外なくHans Wilsdorfとされており、ルース・ハイドフェルド説を唱えているサイトは例外なく原語表記を併記していないことで明らかなようにこれは日本に限定して流布しているデマである。この説を唱えているサイトの中には「デイデイデイト」なる存在しない商品名を挙げているサイトもある。ノート参照のこと。
* 「ロレックスは1908年にスイスに移った」 - この年はスイスで商標を初登録した年である。スイス移転は上記略歴のように単純に「何年」と言えるようなものではない。
* 「ラインホルト・メスナーがエベレスト単独無酸素登頂を達成した時にエクスプローラーIIを使用した」 - ロレックスがメスナーを使って宣伝した事実はあるし愛用はしたかも知れないが、実際にエベレスト単独無酸素登頂時に使用されたのはオイスタークォーツである。
* 「クォーツは試作のみで量産していない」 - 1970年代から1980年代にかけてオイスタークォーツを量産し、一時は生産の1割をクォーツが占めていた。

ドレス系オイスターモデル [編集]

* バブルバック(Bubble Back ) - 自動巻の機械はローターが存在するためその草創期かなり厚さがあり、泡状に膨らんだ形状の裏蓋を使用して収納した。これをバブルバックと俗称する。1930年代から1950年代の製品。後には膨らみが小さくなったセミバブルもある。デザインが可愛いため人気がある。
* カバード - バブルバックのベルト取り付け部をカバーしたモデルの俗称。フーデット、スカーデットとも称する。
* バイスロイ(Viceroy ) - 特徴的なケース形状のモデル。
* プレシジョン(Precision ) - 精密の意だが特に高精度の機械を搭載するわけでなく単なる手巻き。
* エアキング(Air-King ) - 時針分針秒針の三針式、カレンダーなしでもっともシンプルなモデル。現行モデルはすべての製品がクロノメーターの認定を受けている。ケースにステンレスを用いているため、同社の製品の中でもっとも廉価なものである。
* エアキングデイト(Air-King Date ) - エアキングにカレンダーを装備したモデル。1950年代後半から1970年代頃迄販売されたが極めて数が少ない。
* デイト(Date 、1945年発売) - 三針式、3時の位置に日付のあるモデル。風防に日付を拡大するためのレンズ(サイクロプスまたはサイクロップレンズ、以下サイクロプスレンズ)がついている。現行モデルではすべての製品がクロノメーターの認定を受けている。同様に日付を搭載するデイトジャストとの違いは、本来深夜12時を回ると瞬時に日付が変わる機構を搭載しているか否かによるものであったが、現行モデルではデイトもデイトジャストと同様のキャリバーを搭載しているため、両者の違いはケースの大きさだけになった。ケースには主にステンレスが用いられるが、一部に貴金属を用いたモデルがある。
* デイトジャスト(Datejust 、1945年発売) - 三針式、3時の位置に日付のあるモデル。直径36ミリ。デイトと同様にサイクロプスレンズがついており、現行モデルはすべての製品がクロノメーターの認定を受けている。ケースはステンレスのほか貴金属も多く用いられる。現行Ref.116234他。
* デイトジャストII(Datejust II 、2009年発売) - デイトジャストのケース径を一回り大きい直径41mmとしたモデル。
* デイデイト(Daydate ) - 三針式、3時の位置に日付があり、12時の位置に曜日表示があるモデル。直径36ミリ。デイト、デイトジャストと同様に日付にはサイクロプスレンズがついている。ケースはすべて貴金属をもちいており、文字盤に宝石がはまっているモデルもあり同社の製品中で一般にもっとも高価なプレステージモデルである。現行モデルはすべての製品がクロノメーターの認定を受けている。
* デイデイトII(Daydate II ) - デイデイトのケース径を一回り大きい直径41mmとしたモデル。

スポーツ系オイスターモデル [編集]

* ターノグラフ(Turn-O-Graph ) - 回転ベゼルを持ち、現在のロレックス一連のデザインの原型とも言えるモデル。
* エクスプローラーI(Explorer I 、1953年発売) - 三針式、日付なし、黒文字盤の同社のスポーツモデルのさきがけとなった製品。直径36ミリ。エドモンド・ヒラリーのエベレスト初登頂時に用いられたとする資料が多いが、実際にその時使用されていたかどうかは定かではない。ヒラリーはその後広告に使われ、このモデルも探検家用モデルとして有名になった。後述する1960年頃の一部のモデルを除き蛍光塗料によって針や文字盤表示が塗られており、暗いところでも時間の確認が容易である。現行モデルはRef.114270でクロノメーターの認定を受けている。通常のモデルと同じデザインと素材でありながらノンクロノメーターを一回り小さなボーイズサイズケースに収めたモデルも極限られた市場向けに少数存在した。
* エクスプローラーデイト(Explorer Date 1960年頃北米市場限定発売) - 当時のエアキング及びパーペチュアルデイトに酷似したデザインの黒・白・金色文字盤でステンレスやコンビのケースを使用したカレンダー付きモデル。極少数だけ販売され、好事家に幻と言われるほど稀少である。ノンクロノメーター。
* エクスプローラーII(Explorer II 、1971年発売) - 時針分針秒針24時間針の四針式、3時の位置に日付のあるモデル。洞窟探検家用とされ、日光が遮られ昼夜の区別がつかない場所でも24時間針によって昼夜を判断できる。現行モデルではすべての製品がクロノメーターの認定を受けている。ラインホルト・メスナーが1980年にエベレスト単独無酸素登頂を達成した時に使われたとする資料が多いが、実際にこの時使われていたのはオイスタークォーツである。

サブマリーナー

* サブマリーナー(Submariner 、1953年発売) - 三針式、回転ベゼルを有するモデル。直径40ミリ。日付ありのものとなしのものがあり、日付ありのものにはサイクロプスレンズがついている。潜水作業用の時計で防水性能が高い。初期製品は100m防水であったが現行モデルでは300m防水。回転ベゼルは潜水作業中に潜水時間を簡単に測定できるようになっている。現行モデルはRef.14060M他で、ノンデイト、デイトともにクロノメーター認定を受けている。
* シードウェラー(Sea-Dweller 、1971年発売) - サブマリーナーの派生モデルで飽和潜水に対応しており、ヘリウムガスを抜くためのバルブがケースの9時位置についている。防水性能は1220m防水。直径40ミリ。三針式で回転ベゼルを有する。日付はあるがサイクロプスレンズはついていない。現行モデルはすべての製品がクロノメーター認定を受けている。
* ディープシー(Deep-Sea 、2008年発売) - シードウェラーの防水性能を強化したモデル。現行Ref.116600。直径43ミリ。防水性能は3900m。サイズも大型化された。クロノメーター認定を受けている。
* オイスタークォーツ(Oyster Quartz 、1972年発売) - 1980年代まで販売されたクォーツモデルで、一時は生産の1割を占めていた。ラインホルト・メスナーが1980年にエベレスト単独無酸素登頂を達成した時に使われた。
* GMTマスター(GMT Master 、1954年発売) - 時針分針秒針24時間針の四針式、昼夜を区別する特徴的な2色又は単色の両方向回転ベゼルを有するモデルで、当時世界最大の航空会社であったパンアメリカン航空の協力を得て共同開発された。3時の位置に日付があり、サイクロプスレンズがついている。すべての製品がクロノメーター認定を受けている。初期モデルのみ5 気圧、以降現行モデルまで10気圧防水となっている。メイン時間帯を短針+文字盤、第2時間帯を24時間針+指定した時間帯に合わせてセットした回転ベゼルで同時に表示する。本来は航空用時計として開発され、非公式ながらNASAのアポロ計画の際一部米空軍出身の飛行士の私物として宇宙に行ったり、人類初の音速突破を果たしたパイロットチャック・イェーガー米空軍退役少将が現役当時からずっと愛用しているなど魅力的な逸話は多い。回転ベゼルにより他の時間帯の時間を容易に読めるため、仕事上時差の問題を抱えることの多い国際線旅客機のパイロットやビジネスマンにも使用されている。赤青ベゼルのモデルを石原裕次郎やチェ・ゲバラが愛用していたのはつとに有名である。2000年に生産終了。
* GMTマスターII(GMT Master II 、1983年発売) - GMTマスターの短針のみ1時間単位で動かす機能が追加された上位機種で第3の時間帯も容易に管理できるようになった。

デイトナ

* コスモグラフ・デイトナ(Cosmograph Daytona 、1961年発売) - クロノグラフ。これ以前コスモグラフはムーンフェイズ機能を持つモデルの名称であった。「コスモグラフ」という名称が物語る通り当初はアメリカのアポロ計画のために作られたものだが、選定の際オメガの『スピードマスター』とNASA公認腕時計の座を争い、破れた。以前はバルジュー(現エタ)の手巻きキャリバー72を改造したキャリバー72Bやキャリバー727を搭載していた。俗称「エキゾチック・ダイヤル」と呼ばれたダイヤルデザインのモデルがポール・ニューマンに愛用され「ポール・ニューマン・モデル[6]」とも呼ばれて1本約1000万円前後という高価格にて取引されている。1988年からゼニスとモバードが共同開発したエル・プリメロを改造したCal.4030を積み自動巻き化された[7]。2000年には自社製自動巻キャリバーCal.4130となった[8]。現行モデルはすべての製品がクロノメーター検定を受けている。タキメーターがベゼルに刻印されていることにより、カーレースの初速性能や工場での生産数を計りやすいという特徴を持っている。サーキットであるフロリダ州のデイトナ・インターナショナル・スピードウェイと関連すると思われるが命名の理由は明らかでない。しかしロレックスは1991年からデイトナ24時間レースのスポンサーとなり、優勝した旨を裏蓋に刻印したデイトナを優勝チームのドライバー[9]に提供している。
* ヨットマスター(Yacht-Master 、1992年発売) - 回転式ベゼルを持ち、サブマリーナーのドレスアップ版としての位置づけを持つモデル。すべてのモデルに貴金属ケースや文字盤が採用されているが、防水性能は10気圧防水にとどまる。
* ミルガウス(Milgauss ) - 1000ガウスの耐磁性能を備えたモデル。1980年代末に一度生産が打ち切られたが、2008年に復活した。

ノンオイスターモデル [編集]

* プリンス(Prince ) - 1920年代から1930年代に販売された角形モデル。ケースは長方形で2ダイヤルを持ち上ダイヤルが時分を表示し下ダイヤルが秒を表示するいわゆるドクターズウォッチ。高精度の機械を積んでいる。
* プリンセス(Princess ) - プリンスのレディース版。
* チェリーニ(Cellini ) - オイスターケースを使わず防水性がない薄型ドレスモデル。クォーツモデルもある。
* カメレオン - ベルトを簡単に交換できるレディースウォッチ。現在は革ベルトのみの販売。

ボンド・ウォッチ [編集]

イアン・フレミング原作のスパイ小説「007」シリーズでは、主役のジェームズ・ボンドがロレックス・オイスターを愛用している。映画でも秘密兵器として『007 死ぬのは奴らだ』や『007 ゴールドフィンガー』等数々の作品にサブマリーナーが登場しており、ボンド・ウォッチとして一部の収集家に人気がある。映画の中では数多くの改造が施された武器として使用されていることが多い。映画の中期以降はRef.5513が使われているが、それ以前は諸説あり、はっきりしていない。[10]。
オフィチーネ・パネライ [編集]

オフィチーネ・パネライのラジオミールの機械を製造していた。他社の時計のために機械を供給したのはこれ一例のみである[11]。
オイスターケース [編集]

オイスターケースの製造は、資本関係がない外部メーカーに生産委託をしている。ある日そのメーカーの工場に武装した強盗団が押し入り、多数のケースを強奪した。

当時、ロレックスの外部への生産委託についてスイスの時計業界では公然と囁かれていたものの、情報を公開しないロレックスの体質のため(いわゆる「ロレックス神話」)、世間では「ケースまで自社で生産している」と噂されていた。

なお、この強盗団のリーダーはスイスでも有数の名門高級時計ムーブメント企業ジャケの経営者の夫で、偽物を製作販売しようとして忍び込んで起こした事件である[12]。
脚注 [編集]

1. ^ 初期には懐中時計も生産した。
2. ^ ただし元々スイスの時計産業は分業化が進んでおり、クオーツショック以前でも自社一貫生産をするメーカーのほうが少数派であった。
3. ^ クリオ・コンテンによる異動とも言われるが定かではない。
4. ^ セカンドライン参照。
5. ^ ソーラー全てがロレックスに生産委託された物ではなくウィットナーが製作した物も存在する。
6. ^ Ref.6239、Ref.6241、Ref.6262、Ref.6263、Ref.6264など。
7. ^ Ref.16520。
8. ^ Ref.116520。
9. ^ 3名+補欠1名。
10. ^ フレミング原作ではない現在の映画シリーズでは、ピアーズ・プロズナンが主役に抜擢されてからはライバルのオメガとスポンサー提携をしたため、同社のシーマスター・プラネットオーシャンを使用している。それ以外にもセイコーのTVウォッチ、ハミルトン・パルサー等が使用されたこともある。
11. ^ 上記のとおり北米支社が生産していた事例は存在する。
12. ^ この事件に関わった従業員は当時のジャケ(現ラ・ジュウ・ペレ)から全員が退職している
スポンサーサイト
[ 2010/02/03 22:10 ] カルティエ・ブルガリ情報 | トラックバック(-) | コメント(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。